ニキビ用のエッセンス、美容液とは?

なんとかしたいニキビ肌。治したい一心で使ったニキビ用の市販薬で肌がかさかさになってしまった経験のある方もいるのではないでしょうか。

最近ではニキビ用の化粧品の中にも美容液やエッセンスとしてお肌の状態を改善してくれるものも増えてきているようです。ここでは、そんなニキビ肌用の美容液やエッセンスについて紹介していきます。

ニキビケアにおけるエッセンスの役割

ニキビ用の市販の塗り薬の中には、使い方によってはかえって肌の状態を悪化させてしまう可能性のあるものも含まれています。

特にイオウ入りの塗り薬はニキビのある部分にピンポイントで塗るようにしていても、ニキビの周りの皮膚が炎症を起こしたり、ニキビ自体を悪化させてしまう場合もあるのだそうです。

最近のニキビケア用の化粧品の中には美容液やエッセンスで炎症を落ち着かせたり、アクネ菌の繁殖を抑えてくれる効果が期待できるものも増えてきています。市販薬よりも刺激が少ないので、肌が弱い人などはこうしたアイテムを試してみるとよいのではないでしょうか。

どんな成分が含まれているの?

ではニキビケア用の美容液やエッセンスにはどのような成分が含まれているのでしょうか。

ビタミンC誘導体は毛穴を引き締めて皮脂の分泌を抑えてくれる上に、色素沈着を起こしたニキビ跡にも効果が期待できます。ニキビとニキビ跡を同時にケアしたいという方におすすめです。

その他にはグリチルリチン酸やサリチル酸といった抗菌・抗炎効果のある成分を配合したエッセンスもあります。ジェルタイプのエッセンスは日中でもメイクの上からちょこっと塗ることができ、目立たないので早くにきびをなんとかしたい!という人にオススメです。

いずれ塗り薬のように刺激が強くないので、肌が弱いという人はこのようなニキビケア用の美容液やエッセンスを使ってみるのもよいのではないでしょうか。