ニキビケアとクレンジング

ニキビケアをしていく上で、迷いがちなのがクレンジングの選び方です。ニキビがあるから化粧はしないほうがいいと思っても、年齢的にメイクをしないでいることは難しいという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ニキビ肌にも優しく使える、クレンジング剤の選び方について考えてみます。

ニキビができたら、メイクできない?

メイクすることでニキビは悪化する。昔から、そんな風に考えられてきましたが、大人ニキビの治療に詳しい皮膚科医の中には「メイクや化粧品がニキビの原因になったり、悪化させることはあまりない」という意見を唱える方も多いそうです。

もちろん、特定のメイクアイテムを使用してニキビができた…と感じるようなら、使用をやめる必要があります。しかし、メイクしていてもしていなくても、ニキビができることには変わりないという場合、無理にノーメイクですごす必要はありません。

大切なのは用がすんだらきちんとメイクを落とすこと。大人ニキビに悩んでいるのに、夜メイクを落とさずに寝るのは厳禁です。

ニキビ肌に優しいクレンジングとは

ではニキビがあるけれど、メイクをしなければならない、そんな時は、どんなクレンジングを選べばよいのでしょうか。

大人ニキビの肌は乾燥させないようにすることが大切です。メイクをしたら、洗顔料とクレンジングのダブル洗顔をしなければならない!と思いがちですが、大人ニキビ用の洗顔料のなかにはクレンジングも同時にできるものがあります。何度も洗うより、こうしたアイテムを使用したほうが、肌にかかる負担が少なくなります。

ウォータープルーフのメイクやUVカットを使用している場合など、別にクレンジングをしたい!という場合は、ウォータータイプのクレンジングを選んでみてはどうでしょうか。さっと落とせて、毛穴に詰まりにくいので、大人のニキビケアにおすすめです。

オイルクレンジングとシートタイプのクレンジングはニキビ肌を刺激しやすいので使用しないようにしましょう。