ニキビケア用の化粧品を選ぶなら

ニキビに悩んでいる皆さんはどんな化粧品を使っていますか?ニキビ治療薬と同じように化粧品も思春期ニキビ、大人ニキビとそれぞれにあったものを使用するのがオススメです。

ニキビ化粧品はいろいろなメーカーから販売されていますが、どんなものを選べばよいのでしょうか。

思春期ニキビも潤いを忘れずに

思春期のニキビはとにかくベタつきや汚れを落とすことに着目してしまいがちです。しかし、皮脂を取り過ぎると、潤いを保とうとして肌は余計に皮脂を分泌してしまいます。

また皮脂を取るタイプの化粧品はニキビができていない部分の肌を乾燥させてしまうことがあります。ニキビができていない場所まで肌が荒れてしまったら困りますよね?アルコール分が配合されているような化粧品は特に要注意です。

思春期のニキビでも肌の潤いを奪い過ぎないような化粧品を使うようにしましょう。特にこの時期は色々な化粧品を使うよりも、正しい洗顔と、専用のニキビ化粧水でしっかりと肌を守る基礎化粧をしっかりと押さえたケアを心がけましょう。

大人ニキビは天然成分で潤そう

では、大人ニキビに適したニキビ化粧品はどんなものを選べばよいでしょうか。

一番大切なのは、やはり保湿成分です。大人の肌は思春期の肌に比べると皮脂の分泌自体が少ないため、ニキビ化粧品を使用すると乾燥肌やインナードライ肌に傾いてしまいがちです。抗菌・抗炎効果のある成分の他にもどんな保湿成分が配合されているかチェックしましょう。

大人ニキビはストレスによって悪化すると言われているので、ほのかな香りが楽しめるカミツレエキス、どくだみエキスなどを配合した化粧品もオススメです。

また男性の方で化粧水や乳液といった基礎化粧品を使っている人は少ないかもしれませんが、ニキビケアは肌が乾燥しがちなので、男性の方も化粧水を使って保湿することを忘れないようにしてください。